任意整理相談所

借金の返済が困難になっていませんか?毎日の様に届く督促状や電話に困っていませんか?

実は今すぐ止める方法がありました。(実は私、債務整理経験者です)

 

債務整理は弁護士・司法書士に依頼して行う事が一般的なんですが、そのにかかる費用は分割で支払う事も可能でした。(要相談ですが)

「受任通知」というものが行われれば、今すぐ直接の借金の督促状などがストップします。今すぐ督促が止まる事を想像してみてください。

精神的にとても楽になって前向きにやり直すことができると思えますよね?

因みに債務整理の事実は家族・会社に内緒でできる場合もあります。

たった一社の債務であっても事務所は親身に相談を聞いてくれます。

 

目次

#債務整理とは?

#債務整理 おすすめ法律事務所

#債務整理のデメリット

#保証人が必要な債務で債務整理したら?

#デマ系の情報もあるので注意!

#任意整理をするメリットとは?

#個人再生を行うメリットとは?

#自己破産するメリットとは?


任意整理相談所

 

債務整理とは?

債務整理とは借金返済が困難な方が法的手段で債務を「減額」、「代弁」、「免債」などをすることができる方法です。これを債務整理と呼んでいます。債務整理を行うと、個人信用情報機関に「金融事故情報」が記載され、いわゆるブラック状態になります。

しかし、通常の生活を送るうえでのほとんどの事は可能ですし、返済完了でブラック期間が終われば、分割・ローン・クレジットなども再度利用可能になります。(要審査)現状で、解決する具体的な方法が無いかたには、法律に沿った方法で確実に解決することができる有効な方法であると言えます。

 

【今すぐチェック!該当する場合は債務整理した方がいいかも!】
  • 借入総額が収入の3分の1以上の方
  • 別の会社で別の会社の借金を返済(自転車操業)
  • 3か月以上の滞納がある方
  • 毎月の返済が厳しく滞納しがち
  • 返済しても残高(元本)が減らないと感じる

上記に一つでも当てはまる場合は、収入に対し借金の総額とのバランスが崩れている事が考えられます。つまり、今のままでは借金問題を解決することが難しい状況であることが言えます。

収入と債務を計算機で計算してみてください。利息ばかりを支払い元本が減らないという状況に置かれていませんか?

債務整理の相談は無料ですし、想像より簡単であることを知る良い機会とも言えます。


任意整理相談所

 

債務整理 おすすめ 法律事務所

債務整理の種類・債務整理でできること。

法律事務所で債務整理(借金問題解決解決)を依頼できる債務整理には、いくつか種類があります。

  1. 自己破産(裁判所)
  2. 個人再生(裁判所)
  3. 任意整理(債権者との交渉)

細かく分けると、他にもいくつかあるのですが、借金の返済が困難な状況を解決する方法は3つが主な種類です。

何れの債務整理も、借金を減額・免債・返済期間の延長・利息の再計算(利息の引き直し計算)を法的な効力を持って行う事が出来ます。

手続きの中には、裁判所に認めてもらう事で成立する債務整理もあります。(自己破産・個人再生)

ワンポイント司法書士は最大140万円までの債務を取り扱う事が出来る。逆に弁護士が取り扱える債務は無制限なので債務額に応じて対処すると良い。

 

*スポンサーリンク

任意整理相談所【ウィズユー】


【任意整理相談所のウィズユーでできる事】
・家族に内緒にできる
・請求が即時にストップする
・キャッシュフローが改善される
・支払い意欲が向上し借金が解決する
・闇金問題も一緒に解決してくれる

ウィズユーでは、3つの質問に答えるだけで直ぐに相談開始できます。
さらに、相談用のフリーダイアルもあるので、迅速に行動することもできます。


 

 

【安心して債務整理を依頼できる!利用者の声が良かった債務整理事務所 厳選5選!】

法律事務所のサイトには、実際に債務整理をした方の声が紹介されています。専門家が法律に基づいて手続きを行うので、メリットは大きいのが一般的にも分かりますが、その中でも利用者の声は正直な感想で参考になったんです。★

ウィズユー 任意整理無料相談所

 

ウィズユーを更に詳しく見る

債務整理の中の任意整理に特化したウィズユー。365日24時間通話料無料で電話で相談が可能。

家族・会社に内緒で債務整理ができる。受任通知が債務者に発行されると、毎日の督促状の悩みから解放される。

手元に依頼費用が無い方も、着手金を後日分割払いすることも可能なので利用しやすいと言える。

ウィズユーは徹底した秘密厳守が魅力。

ウィズユーを更に詳しく見る

アストレックス 借金相談解決センター

 

借金解決相談センターに相談する

アストレックス借金解決センターは、借金解決に強い司法書士が借金問題を解決してくれる事務所。

複数社から借金をしていて返済の目処が立たない方に嬉しい通話料無料の電話相談も受け付けている。

債務整理費用でお悩みがある方でも、着手金無料制度や費用後払い・分割制度があるので依頼しやすい。

大阪にオフィスを構えているが、全国に対応している。

借金解決相談センターに相談する

エストリーガル 借金問題無料相談

 

エストリーガルで無料相談してみる

エストリーガル借金無料相談オフィスは、一件でも相談できる頼れる事務所。他で断られてしまっていても歓迎してくれる。

減額報酬・和解報酬はゼロで依頼しやすい。サイト内には、他社事務所で断られたケースを紹介しているので、該当する方は一見の価値があるだろう。

無職の方でも相談することは可能で、借金問題を終わらせることが現実化するチャンスと言える。

エストリーガルで無料相談してみる

新大阪法務司法書士事務所

 

親切丁寧 低価格で知られる事務所を更に詳しく

新大阪法務司法書士事務所は、とにかく親切で丁寧な対応を低価格で実現している。一社辺り2万円の(税抜)価格は他社ではなかなか見つけることが出来ない。

サイトの笑顔がほっこりする男性は、事務所が良心的な経営であることを感じれる印象が強い。

無料相談では、現在の借金をどうやって減らすことができるかも教えてくれる。最短で即日、催促が止まったケースもサイト内で紹介されている。

親切丁寧 低価格で知られる事務所を更に詳しく

債務整理を検討している方にとって、明日の督促を止めたい!という悩みを抱えている方は非常に多いです。そんな中、ウィズユーでは、通話料無料で24時間365日の相談が可能なのは嬉しいと感じました。

督促を止めるには、委任契約を締結して債務者に受任状を送付しない事には始まりません。逆に言うと、そこから利息引き直しと交渉が完了するまでは債務者への、支払いがストップします。

債務整理というのは、サクッと行動したメリットは計り知れない程にあると言えます。私も、過去の債務整理をした際に、そのメリットを感じた一人なんです。

(各社データーまとめ)

*各社公式サイト企業概要より。詳細は企業へお問い合わせください。-表示は未確認という意味です。

施設名 費用 成功報酬 減額報酬 完済業者費用 分割払い 無料相談 その他
ウィズユー 一社5万円(税抜) (過払い)回収20% - 一社1万(税抜) 有り 有り  
アストレックス 一社5万円(税抜) - - - - -  
エストリーガル 一社2~3万円(税抜)*債務件数により変動 (過払い)回収の20% - - - - 事務手数料一律9万円
みつ葉グループ - - - - 有り - -
新大阪法務司法書士事務所 1社2万円(税抜) (過払い)回収20% 減額の10%   有り 有り -

任意整理相談所

債務整理のデメリット

債務整理には理解しておくべき「デメリット」があります。

例えば、債務整理を行うと、個人信用情報機関(JICC/CIC/KSC)に金融事故情報(ブラック)が記載され、分割・ローン・クレジット・携帯電話の分割購入などが出来なくなります。金融事故情報掲載には定められた期間が機関ごとに決まっています。

  自己破産 個人再生 任意整理
借入などが出来ない機関 約5~10年間 約5~10年間 約5年間

金融情報とは国民国民一人一人個別に登録されています。仮に債務整理を行って金融ブラックになっても、家族には影響はありません。

また、個人再生・自己破産は官報公告に名前や情報が記載されてしまうデメリットもあります。

とはいえ、官報公告は一般人はほとんど見ることが無い情報でもあります。(闇金企業はチェックしている)

余談になりますが、金融ブラック者に対して、融資を禁じる法律はありません。

  自己破産 個人再生 任意整理
官報公告に情報記載の有無/回数 記載あり/2回 記載あり/3回 記載なし

自己破産の場合は、開始決定の約二週間後と、免債決定の約二週間後の計二回。

個人再生の場合は開始決定の約二週間後、書面決議決定後約二種間、認可決定後約二週間後の計三回、官報公告に情報が記載されます。

任意整理は債権者と直接交渉を行うものですからブラック状態にはななりますが、官報公告に載る事はありません。債務整理は社会的影響の範囲からしても、任意整理で賄えるのであればそれが最善手と言えるでしょう。

 

保証人が必要な債務で債務整理したら?

債務整理を行うと債務の保証人に影響が及ぶこともあります。債務整理を行う前に対象の債務の保証人の方に情報を伝える必要があります。

保証人に影響の出るケースや注意点は以下の様な場合です。

  • 保証人が必要な債務契約の時(影響がある)。
  • 自己破産・個人再生申し立てをすると債権者の請求は保証人へ請求される。(債務者が免債になっても保証人の債務は残る)
  • 保証人も債務整理できるが、ブラック状態になる可能性がある。
  • 任意整理を行う場合は、債権者を選択できるので保証人の要る債務を除くことが可能。
  • 学生支援機構の奨学金以外は基本一括請求が保証人に請求される。
  自己破産 債務整理 任意整理
保証人への影響 あり あり 少しあり

保証人が必要な債務に対する債務整理は、少なからず保証人に影響が発生します。

 

デマ系の情報にはご注意を

以下の様な内容は事実と異なり「デマ」なので安心してくださいね。

  • 自己破産すると戸籍に記載される
  • 年金受給権が無くなる
  • 会社をクビになる
  • 公務員は懲戒解雇になる

債務整理には、金融事故(ブラック状態)になる以外にも、職業や保証人にも影響が出るというデメリットがあります。

では、次は、デメリットよりはるかに大きい債務整理をもう少し掘り下げていきましょう。

債務整理のメリット

債務整理を行う事のメリットはデメリットをはるかに超える内容といえます。

それぞれの方法別にメリットを見ていきましょう。

任意整理をするメリットとは?

任意整理は債権者に直接交渉して債務条件の見直しをする行為です。一般的には司法書士・弁護士に依頼する方がほとんどです。債権者によっては、法律専門家以外の交渉を受け付けない会社もあります。(個人でも申請は可能)

  • 将来の利息をカットできる
  • 督促状が来なくなる
  • 過払い金請求(利息引き直し計算により)により借金が「0」になるケースもある
  • 月々の支払が楽になる 例)月の返済8万円→月3万円の返済になった
  • 債務整理する対象を選ぶことができる

個人再生を行うメリットとは?

個人再生は任意整理と比較したとき、元本そのものが大きく減らせる可能性があります。民事再生と呼ばれる場合も。

裁判所に返済が困難な事を認めてもらい、減額をして3~5年間のうちに借金を完済するというような手続きです。

  • 5000万円以下の借金が最大10分の1になる 5000万円→500万円(住宅ローンは除く)
  • 債務整理後にも財産(家・車)を手元に残すことが可能
  • 資格制限が無く、現在の職業のまま借金の減額ができる

個人再生は、自己破産とは違い借金が「0」にはなりませんが、家・車などの財産を守れます。また、職業においても資格制限なく働く事が出来るので、返済に集中できます。厳密にいうと個人再生は2種類に分かれています、相談予定の弁護士or司法書士に情報を求めましょう。

自己破産するメリットとは?

裁判所に財産が無く・返済不可能という事実を認めてもらい債務を免債してもらう手続きです。

免債金額に上限が無いので、大きな金額の債務の場合はとても有効な手段でしょう。

  • 法的に借金をチャラにしてくれる唯一の方法
  • 財産(家・車)は没収になるが、生活は次の日から立て直せる
  • 資格制限の対象職業の場合は失業になるが、借金事体は消滅しているので収入さえあれば立て直しが可能

自己破産は債務整理の中で最も強力な効力を持つ手続きといえます。

借金がいくらあっても返済能力が無いと判断されれば「チャラ」にできる手続きです。

一般的には弁護士に依頼して行う事がほとんどのケースに当てはまります、

【平柳司法書士事務所】

© 2020 債務整理で借金問題を今すぐ解決できる! rss